ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・歴史 > 文化財 > その他(指定) > 選定保存技術(木炭製造)

本文

選定保存技術(木炭製造)

更新日:2021年4月1日更新 印刷ページ表示

選定保存技術(木炭製造)〈合同会社伝統工芸木炭生産技術保存会〉(せんていほぞんぎじゅつ もくたんせいぞう)

 選定保存技術に選ばれた木炭は、かつて日本全国で生産されていましたが,社会の変化に伴い製造者が激減し、供給が危ぶまれています。

合同会社伝統工芸木炭生産技術保存会は、日本刀製作やたたら製鉄に用いられる松炭・雑炭及び漆器・金属の研磨に用いられる研磨炭を生産しています。


製造された松炭の写真
製造された松炭の窯出し

若手伝承者の養成作業の写真
​若手伝承者の養成(研磨炭の窯出し作業)
 

※選定保存技術は、文化財の保存のために欠くことのできない伝統的な技術または技能で保存の措置を講ずる必要があるものを国が選定し、その保持者及び保存団体を認定したものです。国はその保護のために、自らの記録の作成や伝承者の養成等を行うとともに、保持者、保存団体等が行う技術の錬磨、伝承者養成等の事業に対し必要な援助を行っています。