ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 備前長船刀剣博物館 > 展示について > 国宝「太刀 無銘一文字(山鳥毛)」について > 国宝「太刀 無銘一文字(山鳥毛)」について

本文

国宝「太刀 無銘一文字(山鳥毛)」について

更新日:2021年4月15日更新 印刷ページ表示

鎌倉時代の福岡一文字派が打った名刀

国宝「太刀 無銘一文字(山鳥毛)」2021年展示風景


鎌倉時代中期、備前国福岡の地で活動していた刀工集団「福岡一文字派」は、数多くの名刀を生み出してきました。
中でも屈指の名刀として知られるのが、国宝「太刀 無銘一文字(山鳥毛)」です。豪壮な太刀姿と華やかな刃文が特徴的で、製作当初の鎌倉時代の姿をよく残している貴重な作例と言えます。また、この太刀は、戦国時代の名将「上杉謙信・景勝」親子の愛刀としても有名です。
令和2年3月22日より、国宝「太刀 無銘一文字(山鳥毛)」は瀬戸内市の所有となりました。現在では、備前長船刀剣博物館で年1回程度の展示公開等を行なっております。
​古くから続く「刀剣の産地」として、そして名刀「山鳥毛」のふるさととして、この太刀の歴史と輝きを後世まで守り伝えていきます。

 

▼令和3年度の展示予定  7月30日(金曜日)~9月12日(日曜日)

事前予約受付開始  6月30日(水曜日) 9:00

特別展「武将・名家の品格ー受け継がれた刀剣ー」    展示場所  備前長船刀剣博物館

現在は展示しておりませんので、ご来館の際にはご注意下さい。
日程等は変更となる場合があります。当ホームページや、公式SNS等でのご確認をお願いします。

 

「サンクスパスポート」と「一口佩刀オーナーカード」がご使用いただけます

「サンクスパスポート」と「一口佩刀オーナーカード」は、「山鳥毛里帰りプロジェクト」にご協力いただいた皆様にお配りしています。しかしながら、感染症等の影響により、昨年度の展示をご覧いただけなかった方も多くいらっしゃるかと思います。
このため、使用期限を下記の通り延長いたします。ぜひ、山鳥毛に会いに来てください。

 

詳細
サンクスパスポート 令和3年度の「山鳥毛」展示期間のみ使用可能です。
一口佩刀オーナーカード 有効年数が一年延長されます(「山鳥毛」の展示期間のみ使用可能です)。

 

▼昨年の展覧会にて頒布した「山鳥毛」パンフレットを公開します。

山鳥毛パンフレット(表) [PDFファイル/4.54MB]
山鳥毛パンフレット(裏) [PDFファイル/3.68MB]

 

▼「山鳥毛」の特徴や見どころを紹介する動画を制作しました。

瀬戸内市の公式チャンネル(Youtube)に公開していますので、ぜひご覧ください。
「山鳥毛の魅力」(クリックすると、外部サイトにリンクします。)<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • 山鳥毛<外部リンク>

  • 瀬戸内市トップページへ

  • 瀬戸内市立美術館

  • ふれあい物産館バナー<外部リンク>