ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 瀬戸内市子育て応援サイト > 子育て楽しむなら瀬戸内市

本文

子育て楽しむなら瀬戸内市

更新日:2021年4月16日更新 印刷ページ表示

セットちゃんがオススメする子育て支援策を紹介します

瀬戸内市では子育て支援策として、様々な事業を実施しています。令和3年度の重点事業は以下の11事業です。

 

子育て楽しむならせとうちチラシ

PDFデータはこちらからご覧いただけます。
子育て楽しむならせとうち(令和3年度) [PDFファイル/6.23MB]

市長の子育て施策への思いはこちらからお聴きいただけます。
子育て楽しむならせとうち(音声版) [その他のファイル/470KB]

 

1.結婚に伴う費用負担が軽減されます

事業名

結婚新生活支援事業

事業の概要

39歳以下の新婚世帯に対し、住宅取得費用などの結婚に伴う新生活のスタートに係る費用の一部を上限30万円まで(29歳以下は60万円まで)補助することにより、経済的な理由で結婚に踏み切れない若者を支援し、結婚への後押しや安心して出産・子育てができる環境づくりにつなげます。

問い合わせ先

こども政策課 電話番号:0869-24-8015

 

2.妊娠のための治療の助成が受けられます

事業名

特定不妊治療・不育治療費助成事業

事業の概要

  • 特定不妊治療助成事業
    市に継続して1年以上住民登録している夫婦が、特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けた場合の医療保険適用外治療費を上限10万円まで助成します。

 

  • 不育治療費助成事業
    妊娠しても何らかの理由での流産・死産を繰り返す不育症の治療を受けた人に、医療保険適用外治療費を1年度につき上限30万円まで助成します。

問い合わせ先

健康づくり推進課 電話番号:0869-26-5962

 

3.妊娠中からずっと子育て情報がチェックできます

事業名

母子手帳アプリ運用事業

事業の概要

現在の母子健康手帳の機能(妊娠中の経過、子どもの成長、予防接種歴等記録の登録、保存、グラフ化など)をアプリにより補います。また、妊娠期から学童期に至る各種健診、予防接種など子育て情報を発信し、有効活用してもらうことにより、安心して子育てができる環境を整えます。

問い合わせ先

健康づくり推進課 電話番号:0869-26-5962

 

4.3,000円のチケットで育児用品が買えます

事業名

すくすくチャイルドサポート事業

事業の概要

市内協力店舗で紙おむつや育児用ミルク等の育児用品を購入することができる「すくすくチャイルドチケット」を月額3,000円、満2歳到達月まで交付し、子育て世帯の経済的負担の軽減を図ることにより、子どもの健やかな成長を支援します。

問い合わせ先

子育て支援課 電話番号:0869-26-5946

 

5.子育てと仕事が両立できる環境へ近づきます

事業名

民間こども園誘致事業

事業の概要

近年増加している低年齢児の保育需要に対応するため、民間こども園を誘致し、待機児童ゼロを目指します。令和3年度にこども園を運営する事業者を公募し、令和4年度に工事、令和5年度の開園を目指します。

問い合わせ先

こども政策課 電話番号:0869-24-8015

 

6.病気の子どもを安心して預けることができます

事業名

病児・病後児保育事業

事業の概要

病気の治療中や回復期にあり、学校等の施設で集団生活が困難な小学生以下の子どもを、保護者の勤務等の都合により家庭で看護できない場合に、市内2か所の施設において一時的な預かり、保育を実施します。相互利用協定により、他市の施設の利用も可能です。

問い合わせ先

子育て支援課 電話番号:0869-26-5946

 

7.ひとり親の放課後児童クラブ利用料が減額されます

事業名

ひとり親等放課後児童クラブ利用料助成事業

事業の概要

低所得者のひとり親に対し、放課後児童クラブを利用する際の月額利用料が3,000円となるよう助成を行うことにより、フルタイム就労を行いやすい体制を整え、キャリア形成や経済力強化につなげます。

問い合わせ先

子育て支援課 電話:0869-26-5946、0869-26-5947

 

8.きめ細かい指導・支援の35人学級で学べます

事業名

小学校35人学級対応臨時雇用事業

事業の概要

市内すべての小学校のすべての学年において、35人以下学級を実現するために講師を配置します。児童一人一人に向き合う時間を確保し、きめ細かい指導・支援を行うとともに、教室にゆとりのスペースを生むことにより、落ち着きのある学習環境を整えます。

問い合わせ先

総務学務課 電話番号:0869-34-3460

 

9.医療費無料の年齢が18歳まで拡大されます

事業名

こども医療費給付事業

事業の概要

現在、15歳までの医療費を通院・入院ともに無料としていますが、令和3年4月から対象年齢を拡大し、18歳になった最初の3月31日までの医療費を無料とすることにより、経済的負担の大きい子育て世代を支援します。

問い合わせ先

国保年金医療給付課 電話番号:0869-22-3958

 

10.すべての市民が外遊びを楽しめます

事業名

こどもひろば推進事業

事業の概要

外遊びを通じた「こどもひろば」の開催(R3年度100回目標)、地域連携による移動遊び場「プレーカー」2台の運行を中心に、市全体が子どもの遊び場、みんなの居場所と位置づけ、赤ちゃんからお年寄りまですべての市民が外遊びを楽しむまちづくりを進めます。

問い合わせ先

こども政策課 電話番号:0869-24-8015

 

11.もみわ広場にみんなが集えます

事業名

図書館管理運営事業

事業の概要

絵本を通じて、親子の心を通わすあたたかい時間をもってもらうことを応援する「ブックスタート」や移動図書館車「せとうちまーる号」が市内の幼稚園・保育園・こども園を、月1回巡回し、絵本の貸出やおはなし会を届けています。
図書館には、児童書や子育てに関する資料を揃えて、子どもの成長や子育てを応援しています。

問い合わせ先

瀬戸内市民図書館 電話番号:0869-24-8900

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


子育て楽しむなら瀬戸内市

病院・救急

こどもの遊び場

よくあるご質問