ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

3歳から小学校入学前

更新日:2021年4月5日更新 印刷ページ表示

3歳から小学校入学前までの時期に、必要な手続きや利用できる制度をご案内します。詳しくは、各制度のページをご覧ください。

必要な手続き

児童手当

中学校終了前の子どもを養育している方(父母の場合、生計主宰者)に児童手当が支給されます。支給を受けるためには、生まれた日の翌日から15日以内に申請手続きが必要です。公務員の方は、職場から支給されますので、職場に申請してください。

※毎年6月に現況届を提出する必要がありますので、忘れずに提出してください。

児童手当

 

こども医療費助成

高校卒業の年齢(18歳の誕生日後の最初の3月31日)まで、保険診療にかかる医療費の自己負担額の助成を行っています。受診された医療機関の窓口に「健康保険証」と「こども医療費受給資格者証」を提示することで、原則として無料で医療を受けることができます。
「こども医療費受給資格者証」を受け取るためには、申請が必要ですので、手続きをしてください。

こども医療費助成

 

乳幼児健康診査(集団健診)を受けましょう

3歳児を対象に、乳幼児の心身の発育・発達や病気の有無の確認などを総合的に行う健診です。お子さんの健やかな成長のためにぜひ受診しましょう。対象となる方には、市から個別に案内を送付します。

乳幼児健診・育児相談・離乳食講習会日程

予防接種を受けましょう

お母さんから赤ちゃんにプレゼントされた「病気に対する抵抗力(免疫)」は、生後6か月頃までに自然に失われていきます。この時期を過ぎると、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があり、これに役立つのが予防接種です。感染症の流行を防ぐことにもつながりますので、体調の良いときに、市内の委託医療機関または県内の協力機関で早めに受けましょう。接種対象年齢内であれば無料です。

問い合わせ先

健康づくり推進課 電話番号:0869-26-5962

 

利用できる制度

育児相談があります

育児に関する悩みや不安・心配ごと、ちょっとした気がかりなことについて、気軽に相談できる場です。相談がない場合も、身体計測によりお子さんの成長・発達が確認できる場としてもご利用ください。詳しい日程などについては、以下のページをご確認ください。

乳幼児健診・育児相談・離乳食講習会日程

 

子どもとお出かけできるところ

お出かけして、いつもと違う遊びを楽しみましょう。

 

子どもを預けるところ

保護者が仕事などで、家庭で子どもを保育できない場合、保育所・こども園を利用することができます。そのほか、急な用事やリフレッシュをしたいときに子どもを預ける制度として、一時保育、ファミリーサポートセンターがあります。利用方法や料金などについては、以下のページからご確認ください。

 

相談窓口

育児や子どもの発達、家庭での悩みなど、様々な相談を受け付けています。お気軽にご相談ください。
相談内容ごとのお問い合わせ先については「相談する」のページを確認してください。


子育て楽しむなら瀬戸内市

病院・救急

こどもの遊び場

よくあるご質問